読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車内で化粧する人に限ってブスな件

郊外から都心に向かう電車を利用している。

時間帯を問わず、車内で化粧をしている女性を見かける。

いまも目の前と斜め右の女性が揺れる車内にも関わらず、アイライナーをひいている。

ホント、みっともない。

公衆の面前であほヅラ晒して、どんな心境なのか。

 

車内で化粧する人は、だいたいがアイメイクをフルコースで行う。

まぶたを最大面積にして、リキッドタイプのアイライナーをひくことから始まる。

次にアイシャドウを目の周りに塗りたくる。

 

色がついたら、まつげにマスカラを何回も往復させて(この時の表情が笑えるを通り越して、ホラー映画並みにコワイ…)、鏡で角度や目線を変えてチェックし、ビューラーで仕上げをする。

電車の揺れもお構いなしの慣れた手つきなので、いつも電車内でしているのだと思う。

 

始めから完成までを観察していて思ったことがある。

 

化粧してるのは、今日もブスだ。

これまで見た中で、かなりの高確率でブスが電車内で化粧をしている。

なぜ、美人ではなく、ブスばかりなのか。

これは、偶然なのか必然なのか。

 

公衆の面前で化粧ができるくらいだから、自分のことしか考えられない無神経な人間なんだと思う。

やはり、性格は顔に表れると言うが、その通りだ。

自分勝手で時間の管理ができない、だらしなさがそのまま顔に表れているのだろう。

 

電車内でブスが必死に顔にお絵描きしてる。

 

そして、さらに滑稽なのがメイクの前と後、ほとんど変わってませんけど。

 

電車の中で化粧されると見てるほうは不快だし、変わらないんだから、家でやる時間がないんだったらやめたら?

 

いい加減、恥ずかしいことをしてるのに気づいて欲しい。

 

商業施設のトイレにはメイクスペースがあったり、トイレを「化粧室」と言ったりすることを考えても、本来は人目を避けて行うことだと思う。

化粧中は鏡の中の自分しか見えないかもしれないけど、工程を見てるのはホントおかしい。

 

甥っ子が小さい時、私がリビングでメイクを始めると、横でじーーーっと見ていたのを思いだす。

子どもから見ても特異な行為なのだろう。

 

電車で化粧している人は、まずは電車の中で化粧するのを自制できる心と時間の使い方を見直したほうが、少しはキレイになる近道だと思う。